よしひとの日記

本やアニメ、時々ギター

沈黙の春を読んでの感想

こんにちわ、よしひとです。 今回はレイチェルカーソンの沈黙の春を紹介してみたいと思います。たまたま古本屋で100円で買ったのが100円以上の価値を僕に見出してくれました。これだから本を読むのはやめられない… 沈黙の春を読んで 沈黙の春は僕に改…

秋の終わりが近づいてる

秋の終わりが近づき、冬が来ようとしている。冬は好きだ。街中に幸せな空気が流れるから。恋人と過ごす人、家族と過ごす人、友達と過ごす人、あるいは一人で過ごす人 様々だがどこかみんな浮足立つ。そしてクリスマスが終わりお正月。またしても楽し気な行事…

鬱の治し方

皆さんは鬱になったりそれっぽくなったりしたことはありませんか。 人間関係・仕事や学校のストレス・将来への不安などいろいろな原因がありますよね 僕も2年ほど布団や部屋から出られない時期がありました。原因は将来への漠然とした不安や、何もしないで家…

さよならの朝に約束の花をかざろう 考察&感想

様々なテーマを詰め込みすぎてる感はあるが、綺麗にまとまっていると思う。 主なテーマは出会い・別れ・そして愛だ。 イオルフの民は人間と違い長い年月を生きる。それ故「別れの一族」と呼ばれる。 イオルフの民は日々布を織って静かに暮らしてる。 ところ…

いじりについて

よくバイト先で一つ上の職員からいじられることがある。たいして仲が良いわけでもないのに。 そのいじりというのが人を笑いものにする類のものだ。 これが仲の良い友人とかだったら笑い飛ばしたり小突きあったりできるけど、仲が良いわけではない間柄では不…

親が長時間労働の子供

僕の父は長時間労働者だ。朝6時に家を出て22時か23時くらいに帰ってくるという生活を週6でやっている。 こんなに長く働いてる弊害か父との会話は殆どない。なぜかって、僕が寝ている間に仕事へ行き、僕が寝ている間に仕事から帰ってくるからだ。そんな生活が…

若者と老人の「ヤバい」について

最近祖母と話しているときに年齢の話になったのだけれど、その時僕は年齢を聞いてヤバいね!とつい若者言葉を使ってしまった。 僕は「ヤバい」を‘‘すごい!‘‘みたいなニュアンスで使用したのだけど、祖母には‘‘もうすぐ死ぬ‘‘と捉えられたらしい。 僕 そうい…